So-net無料ブログ作成
検索選択

今宵は「ASIA」でいきましょう。 [音楽]

サイレントギターをいじっていて、何気なく出てきたフレーズがEL&P(Emerson, Lake & Palmer)の「Lucky Man」でした。
グレッグ・レイクの声って、甘いですねぇ。
勢いで「展覧会の絵」を改めて聞いて、キース・エマーソンの傍若無人なキーボードを堪能し、カール・パーマーのパフォーマンスをもう少し見たくなり、ASIAの2007年東京ツアーのDVDを引っ張り出しました。
脈絡がないというか、節操がないというか(笑)。

ASIAも、みんな爺さんになっておりますが、パフォーマンスは健在ですね。
元々、テクニシャンの集まりだけに、往年の名曲は無難にこなすし、最近も「OMEGA」というアルバム出したので、こちらは現役と言って良いでしょう。

omega.jpg

筆者が20歳になる前に結成されたんですから、このバンドも30年近いんですね。
まぁ、その前のキャリアもすごい人たちですから、ほぼ半世紀はやっているんじゃないかな?
スチーブ・ハウについては、「YES」を取り上げる際に思いっきり語るとして、本日はジョン・ウェットン兄さんでいきましょう。
「UK」で初めて好きになったヴォーカリストですが、よくグレッグ・レイクと比較されますね。
「King Crimson」や「ASIA」(こちらはほんの一時か)等、同じバンドを交互に入れ替わったりしてますが、筆者はジョン・ウェットン兄さんの声の方が好みです。
グレッグ・レイクは優等生っぽく感じてしまう。

「ASIA」の昔のLD(東京公演のやつです)では、来日直前にジョン・ウェットン兄さんが脱退してしまったので、オリジナルメンバーでのLIVE映像を見たのは、だいぶ後でした。
ジョン・ウェットン兄さんは、スティーブ・ハケットとも組んで来日してますし、結構実物を拝見する機会もありました。
おきまりの「君たち最高だよ!」は、何度聞いても笑えます。



1982年 ASIA
1983年 ALPHA
1985年 ASTRA
1992年 AQUA
1994年 ARIA
1996年 ARENA
2000年 AURA
2004年 SILENT NATION
2008年 Phoenix 
2010年 OMEGA

筆者の20代前半のドライブミュージックは、ほとんど「ASIA」だったことがあります。
ちょうど3枚目の「ASTRA」くらいまで。

最新のアルバムも、ポップではありますが、「ASIA」サウンド全開ですね。
さすがに、若い頃の軽快さはないですけど。

予告です。「AISA」を聞きながら飲んでいたら、突然「BOSTON」が聞きたくなりました。
明日は数年に1度しかアルバムを出さない幻のバンドでいきましょう。

今宵は日本酒「浦霞 ひやおろし」の残りを開けてしまいました。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1