So-net無料ブログ作成
検索選択

今宵は「Frequency Drift」の「Summer」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Frequency Drift(フリーケンシー・ドリフト)」の「Summer」。
2014年のアルバムです。

Frequency Drift - 2014 - Summer.jpg

01. Summer
02. Distant
03. Siren
04. Midnight
05. Ringshining
06. Summer's End



女性ヴォーカルを擁するドイツのクロスオーヴァー・プログレッシブのバンド。
2008年のアルバムデビューです。

今宵は「Lee Abraham」の「The Seasons Turn」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Lee Abraham(リー・アブラハム)」の「The Seasons Turn」。
2016年のアルバムです。

Lee Abraham - 2016 The Seasons Turn.jpg

01. The Seasons Turn
02. Live For Today
03. Harbour Lights
04. Say Your Name Aloud
05. The Unknown



リー・アブラハムは最近紹介しましたね。
さっそく、新譜です。
ネオ・プログレ系のゲストミュージシャンも多数参加しているアルバムです。

今宵は「Jordan Rudess」の「The Unforgotten Path」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Jordan Rudess(ジョーダン・ルーデス)」の「The Unforgotten Path」。
2015年のアルバムです。

Jordan Rudess (USA) - 2015 The Unforgotten Path.png

01. Entangled
02. Your Song
03. For Japan
04. Karma Police
05. Soon
06. The Sound of Silence
07. Here, There and Everywhere
08. Grandchester Meadows
09. Old Man in the House
10. Scarborough Fair
11. As Tears Go By
12. Imagine
13. Moonchild
14. The First Time Ever I Saw Your Face
15. Send in the Clowns
16. Tribute to Jobs
17. Opus 58



ドリームシアターのキーボーディスト。
6枚目のソロアルバム。
ご覧の通りのカバーアルバムとなっています。

今宵は「Arena」の「The Unquiet Sky」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Arena(アリーナ)」の「The Unquiet Sky」。
2015年のアルバムです。

Arena - 2015 - The Unquiet Sky.jpg

01. The Demon Strikes
02. How Did It Come to This?
03. The Bishop of Lufford
04. Oblivious to the Night
05. No Chance Encounter
06. Markings on a Parchment
07. The Unquiet Sky
08. What Happened Before
09. Time Runs Out
10. Returning the Curse
11. Unexpected Dawn
12. Traveller Beware



英国のスーパーグループです。
マリリオンのミック・ポインターやペンドラゴンのクリーブ・ノーラン等のネオ・プログレッシブの著名バンドのメンバーで構成されています。

今宵は「Amplifier」の「Mystoria」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Amplifier(アンプリファイアー)」の「Mystoria」。
2014年のアルバムです。

Amplifier - 2014 - Mystoria.jpg

01. Magic Carpet
02. Black Rainbow
03. Named After Rocky
04. Cat's Cradle
05. Bride
06. Open Up
07. Meld (Summer Of Love)
08. OMG
09. The Meaning Of If
10. Darth Vader
11. Crystal Mountain
12. Crystal Anthem



英国マンチェスターのプログレッシブバンド。
1998年結成なので、既に中堅。
こちらは5枚目のスタジオアルバムです。

今宵は「Ring of Fire」の「Battle of Leningrad」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Ring of Fire(リング・オブ・ファイアー)」の「Battle of Leningrad。
ちょっと古くて2014年のアルバムです。

Ring of Fire - Battle of Leningrad (2014).png

01. Mother Russia
02. They're Calling Your Name
03. Empire
04. Land of Frozen Tears
05. Firewind
06. Where Angels Play
07. Battle of Leningrad
08. No Way Out
09. Our World
10. Rain



トニー・マカパインが所属するプログレッシブ・メタルのバンド。
名前の由来はイングウェイ・マルムスティーンのアレです。
テクニカルで上手いですよ。

カーボンって浪漫ですね(苦笑)。 [バイク]

こんばんは。

コペンちゃんいじりのついでに、スカイウェイブの方も少々いじりました。
…と言っても、こちらはお化粧直し。

CIMG0494.jpg
メーターパネルの傷隠しに、カーボンシートを貼りました。

CIMG0495.jpg
おじさん世代には、カーボンとかチタンって、なんとも言えずロマンを感じます(苦笑)。

極端なカーブは難しいけれど、結構伸びる素材ですね。
他にも貼ってみよう。

ラジエター・キャップ入荷 [車]

こんばんは。

CIMG0489.jpg
だいぶ前に発注して、入荷が遅れていたD-Sportsのラジエター・キャップが入荷しました。

CIMG0490.jpg
こちらが純正品が付いた状態。
まぁ、よく見る「熱いときはお手を触れないで下さい…」のあれです。
昔の車はオーバーヒートすると、熱水を吹き上げたもんだ。

CIMG0491.jpg
純正とD-Sportsのパーツを並べてみたところ。

CIMG0492.jpg
所詮、ラジエター・キャップという部品なので、特に目立った外観の変化はない。

CIMG0493.jpg
取り付けたところ。

こういうパーツは、相当過酷な条件下でしか差が出るもんじゃないし、ドライバーが体感できるようなものではないので…ただの自己満足ですね。

TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di Ⅲ VC [デジモノ]

こんばんは。

うちのEOS M2用のレンズに、追加メンバーです。

18-200mm F3.5-6.3 Di Ⅲ VC.jpg
TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di Ⅲ VC

筆者初のTAMRONです。
実質28~310mm(35mm版換算)を1本で行けるのは、相当便利だと思います。
ミラーレスは小さくて良いんですが、レンズが小さすぎて交換が怖い。
屋外だとなおさらで、結構気を遣ってしまう。

筆者はどちらかと言うと広角系を多用しますので、80%ワイド…ちょっと寄って135mm程度と言うのが理想なんですが。

IMAG0243.jpg
純正はEF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMと、EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMに分かれており、一番使いたい領域が1本で行けない(泣)。
なので、ついついCasioのコンデジさんの出番になってしまう。

IMAG0244.jpg
多少重いのと、操作系がCanonと逆なのは慣れでごまかすとして、常用レンズとしてはこれ1本で済ませてしまおうかなと…。
発売当時は8万円以上しましたが、4年近くたつとかなり安くなりましたね。
ネットで見てて、思わずポチってしまいました。

2012年のTIPAで賞を取っているレンズなので、性能はそこそこでしょう。
純正のAFもそれほどのもんではないし。
機動力優先で。

あまり明るいレンズではないけれど、そこは純正も同じですね。
最短撮影距離が50cmになるので、どうかなと思ったら、EF-M55-200mmは1mなんですよね。
EF-M18-55mmはさすがに25cmですが、50cmで両方行けるのならば、結構使い勝手は良いかも知れない。
SIGMAさんとかサードパーティーは、こういう所上手いですねぇ。

IMAG0242.jpg
近日中にコペンちゃんに乗せて出かけてみます。
鞄に入れて持ち歩くには…でかい(苦笑)。

今宵は「Preacher」の「Aftermath」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Preacher(プリーチャー)」の「Aftermath」。
2016年のアルバムです。

Preacher - Aftermath 2016.jpg

01. Aftermath
02. Welcome To The Fray
03. War
04. Hold On
05. Sleep
06. Vinyl
07. Vision
08. War Reprise
09. Always



英国のプログレッシブバンドのニューフェース。
こちらがデビューアルバムです。
8人組だそうな。