So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ
前の10件 | -

今宵は「Treat」の「Ghost Of Graceland」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Treat(トリート)」の「Ghost Of Graceland」。
2016年のアルバムです。

Treat - Ghost Of Graceland - 2016.jpg

01. Ghost Of Graceland
02. I Don’t Miss The Misery
03. Better The Devil You Know
04. Do Your Own Stunts
05. Endangered
06. Inferno
07. Alien Earthlings
08. Nonstop Madness
09. Too Late To Die Young
10. House On Fire
11. Together Alone
12. Everything To Everyone
bonus track for Japan:
13. Together Alone (different version)



こちらはスウェーデンのメロディック・ハードロックバンド。
7枚目のアルバムですね。

コペンちゃんの梅雨対策 その2 [車]

こんばんは。

コペンちゃんの梅雨対策の第2弾は、間欠ワイパーのカスタマイズです。

コペンちゃんは軽なので、間欠ワイパーの時間調整が出来ません(泣)。
軽としては結構なお値段の車なのに、こういうところは安物のパーツが流用されているので、仕方がありませんね。
雨量の少ない雨の時って、間欠ワイパーを使用しますが、コペンちゃんのワイパーは待ち時間が早く、もう少しスピードが遅ければなぁ…と思っていたところ、Amazonで見つけちゃいました。

51eu7-5SksL._SX425_.jpg
コムエンタープライズさんの「LA400Kコペン専用 ワイパー間欠時間コントローラ」です。

CIMG0948.JPG
既存のワイパーのコントロールに、インターバルの時間を制御するユニットを付加するキットのようです。

CIMG0949.JPG
パーツは大体こんな感じ。

マニュアルは著作権があるので載せません。
電気工作に慣れた方なら、ほぼ理解できるような内容。

CIMG0981.JPG
まず、ハンドルコラムカバーを外します。
固定ボルトは3箇所あり、2箇所はハンドルを回さないと見えない。
後1本は真下。
下に引くと外れます。
上のカバーと2分割なんですね。

CIMG0974.JPG
次にシフトパネルを外します。
こいつは手前にミゾがあるので、内装剥がし用のプラスチック工具を突っ込むと、簡単に外れる。
マイナスドライバーだと傷だらけになりますよ。

CIMG0973.JPG
外すとこんな感じ。

CIMG0965.JPG
次にハザードスイッチパネルを外します。

CIMG0964.JPG
こちらも手前に引くと簡単に外れる。
ケーブルは付けたまままで大丈夫でした。

CIMG0971.JPG
続いて反対側のスタートスイッチパネルを外す。

CIMG0970.JPG
これもケーブルは付けたまま。

CIMG0972.JPG
次はナビフロントパネルを外す。

CIMG0959.JPG
ナビパネルを外します。

CIMG0958.JPG
こいつは上に持ち上げると外れる。

CIMG0952.JPG
最後にエアコンパネルを手前に引いて外す。
これで作業にかかれる。

CIMG0957.JPG
詳しくは書かないけれど、ワイパーレバーの根元のコネクターに専用のワイヤーを結線。
コネクターはかなり柔なので、ビニールテープを巻いた方が良いかな。

CIMG0950.JPG
次にエアコンパネルの奥にあるパワーウインドウECUへ結線する。

CIMG0951.JPG
こちらもビニールテープで補強。

CIMG0960.JPG
コントロールユニットをつなぐ。

CIMG0961.JPG
ケーブルは相当長くて余る。
作業は楽だけど、押し込むとこんな感じ。
ディーラーのメカニックが見たら笑われそう。

CIMG0979.JPG
ハンドルコラムカバーに、ボリュームを付ける穴を開ける。

CIMG0980.JPG
ボリュームを固定。

CIMG0982.JPG
後は外した順番の逆にパネルをはめて完成。

作業時間は1時間ほど。
動作は極めて快調。
停止時には自動的にインターバルが倍になる等、気の利いた機能も付いています。
結構お買い得だと思いますよ。

今宵は「Chromus」の「Chromus II」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Chromus(?)」の「Chromus II」。
2016年のアルバムです。

Chromus - Chromus II - 2016.jpg

01. Gates Of Hell
02. Mother Of Pearl
03. The Fall
04. Six
05. Break The Chain
06. Siren's Song
07. Visqueen
08. Preamble
09. The Chase
10. Momentary Heroes
11. I'm Dying
12. Jerusalem
13. Rocking



プログレと検索すると、結構訳のわからないバンドが引っかかるもので…。
こちらもメキシコのインディーズバンドかな?
Youtubeの再生回数が2桁なんで、日本からアクセスされたら驚くでしょうね。

今宵は「Noely Rayn」の「Escape from Yesterday」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Noely Rayn(ノエリイ・ライン?)」の「Escape from Yesterday」。
2016年のアルバムです。

Noely Rayn - Escape from Yesterday - 2016.jpg

01. Walking On The Edge
02. Borders Of Love
03. Dazzling Eyes
04. I Wanna Run
05. Oceans Of Sorrow
06. Remember Our Midnight
07. Painted Sky
08. Best Things
09. Sins
10. Laochra



ギリシャのメロディック・ハードロックバンド。
この手のサウンドは世界共通なんでしょうね。

今宵は「Chris Ousey」の「Dream Machine」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Chris Ousey(クリス・ウーズィー)」の「Dream Machine」。
2016年のアルバムです。

Chris Ousey - Dream Machine - 2016.jpg

01. This Is the Life
02. Another Runaway
03. War
04. Dream Machine
05. Tearing It All Down
06. Into Your Dream
07. Moment Of Madness
08. Gone Long Gone
09. Better Time To Come
10. Eager To Please
11. Return To Me
12. Flesh On The Bone (Bonus Track)



英国の代表的メロディック・ハードロックシンガー。
ベテランです。

ラグビーワールドカップ仕様 デザインナンバーに交換 [車]

こんばんは。

申し込んでいた「ラグビーワールドカップ仕様のデザインナンバー」の受け取り通知が来ました。

CIMG0930.jpg
軽自動車は封印がないので、 外して持ち込むことにしました。
登録車だと陸運局へ車を持ち込まなくてはならないので、この辺はお手軽ですね。

CIMG0932.jpg
ナンバーを外したリア。

CIMG0933.jpg
こちらはフロント。濡れているのは洗車したせいですよ。
ナンバー裏はやはり汚い。

CIMG0941.jpg
筆者の地区は「練馬ナンバー」、さらに軽自動車なので、「関東陸運振興センター 練馬軽出張所」が受け取り場所になります。
練馬…と言っても、板橋区のはずれ、荒川の土手に近い場所にあります。
「戸田火葬場」のそばですね。

CIMG0942.jpg
初めに「軽自動車検査協会」の5番窓口へ、申請書を持って行きます。

CIMG0943.jpg
続いて、「軽ナンバーセンター」の7番窓口へ、こちらで申請書と車検証のコピーを渡し、旧ナンバーと交換に新しいナンバーを受け取ります。

CIMG0944.jpg
頂いた「白いナンバー」。右上のロゴだけが、普通のナンバーとの違い。
軽なのに、このナンバーの仕様で良いんだろうか…と今更ながら疑ってしまう。

CIMG0945.jpg
ご親切に、取り付け用の新しいボルトもくれました。

index.jpg
珍しいナンバーだし盗難も嫌なので、専用工具でなければ外せない、ロックボルトを別途購入しました。

CIMG0947.JPG

CIMG0946.JPG
コペンちゃんに「白ナンバー」。すげぇ違和感です(苦笑)。

今宵は「Mr Quinn」の「Long Way To Hollywood」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Mr Quinn(ミスター・クイン)」の「Long Way To Hollywood」。
2016年のアルバムです。

Mr Quinn - Long Way To Hollywood - 2016.jpg

01. The Life
02. Treasure And Gold
03. Time Of Your Life
04. Long Way To Hollywood
05. So Long
06. Feel The Fire
07. Coming Home
08. War
09. Lifetime
10. Who's Calling
11. I Follow
12. Riding The Storm Out
13. Best Day
14. Hole In The Sky



Amazonとかに大量にリンクされてるけれど、Youtubeはほとんど見られていない、インディース・アーティストですね。
メロディック・ハードロック系ではあるんですが。

コペンちゃんの梅雨対策 その1 [車]

こんばんは。

そろそろ梅雨に入りますね。
コペンちゃんも梅雨対策に入りました。

IMAG0398s.jpg
毎度お馴染み、D-SPORTさんのHPで見つけた「 レインドリップモール」なる代物を、Amazonでポチッと。

81kI8RqJ2mL._SL1500_.jpg
D-SPORT(ディースポーツ) レインドリップモール コペン(LA400K)用 08300-A240

まぁ、いわゆる雨よけのモールで、想像通りのゴム製のパーツ。
素材の元手を考えるとぼったくりも良いところですが、数の出る商品じゃないし、サイズや両面テープの加工、梱包等を考えると、我慢せざるを得ない。

この手のものは、正体がわかってしまうと次は自作で充分となる。
ドイトで同じようなパーツを購入して加工すれば、おそらく数百円というところかな。

CIMG0925.JPG
取り付けは至って簡単。
窓の外周に両面テープで貼り付けるだけ。
両面テープは3M製かな?
貼り直しの効かない粘着力の強いタイプ。

そこそこ効果はあると思いますよ。
コペンちゃんは強い雨が降ると、屋根から落ちる水量が結構悲惨なので、いくらかでも逃がしてやれれば、車内に入り込む雨の被害は緩和されると思う。

CIMG0938.JPG
フロントのAピラー下部から貼っていくと、位置決めがしやすいかな。

CIMG0936.JPG
ご存じの通り、オープンになる部分は隙間が出来る。
ここから大量に雨水が落ちるんだろうな。

CIMG0939.JPG
光沢のある黒なので、貼った感じも目立たない。

CIMG0940.JPG
反対側も貼って完成。

施工は暖かい日が良いですよ。
素材の材質が柔らかくなり、貼りやすいと思います。
冬はドライヤーで暖めて…と記載されているくらい。
本日は真夏日なので汗だくでやってました(苦笑)。

今宵は「Jaded Heart」の「Guilty By Design」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Jaded Heart(ジェイデッド・ハート )」の「Guilty By Design」。
2016年のアルバムです。

Jaded Heart - Guilty By Design - 2016.jpg

01. No Reason
02. Godforsaken
03. Seven Gates Of Hell
04. Remembering
05. Rescue Me
06. Salvation
07. No Waiting For Tomorrow
08. Watching You Die
09. So Help Me God
10. Bullying Me
11. This Is The End
12. Torn And Scarred
13. My Farewell (Digipak Bonus Track)
14. My Own Way Down (Digipak Bonus Track)



ドイツのベテランメロディック・ハードロックバンド。
13枚目のアルバムですね。

今宵は「The Commander in Chief」の「I Am」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「The Commander in Chief(ザ・コマンダー・イン・チーフ)」の「I Am」。
2016年のアルバムです。

The Commander in Chief - I Am - 2016.jpg

01. Toxic
02. Immigrant Song
03. I Am The Commander In Chief
04. L.M.A.O.
05. Evolution
06. Famous
07. Let It Go
08. Thou
09. Dropout
10. Paranoid
11. Great Expectations
12. You're So Crazy
13. Illusions Are Dying
14. Battle For The Mind
15. If The Dead Ones Could Talk



英国・ロンドンを中心に活動しているらしい。
女性ヘヴィメタル・アーティスト。
インディーズから昇格できるかな?

前の10件 | -
2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ