So-net無料ブログ作成

今宵は「T-Bone Walker」です。 [音楽]

こんばんは。
東京は今日は寒かった…。
涼しいなんてもんじゃない。
半袖のポロシャツ一枚で出勤してしまい、帰りは凍えて帰ってきました。
ということで、今宵はふたネタいきます。

今宵も古い方です。
1910年生まれの「T-Bone Walker(T-ボーン・ウォーカー)」なんて、渋いブルースギタリストはいかがでしょう。
ブルースにエレキギターを持ち込んだ最初のミュージシャンと言われています。
これって、凄いことですよね。


定番中の定番です。

T-Bone Blues.jpg

1959年 T-Bone Blues
1960年 Singing The Blues
1967年 Stormy Monday Blues
1968年 Funky Town
1969年 Feeling The Blues
1970年 Good Feelin'
1974年 Very Rare
1990年 The Complete Recordings of T-Bone Walker 1940-1954
1991年 The Complete Imperial Recordings 1950-1954
1996年 Rare & Well Done
1997年 The Beginning 1929-1946
2005年 The Best of Black & Blue and Imperial Years

The Best of Black & Blue and Imperial Years.jpg

この人のレコードは、ほとんどCDで再発売されているようです。
1929年~1946年の録音って良いですねぇ。
マルチトラックなんか当然無い時代だから、LIVE感がある一発録り。
演奏自体が完成されています。







フルアコースティック・エレキギターには憧れますね。
昔から欲しいんですが、アーチド・トップのGibsonなんて50万円以上しますからね。
さすがに手が出ません。

L-5 CT.jpg

ちなみに、筆者が欲しいのはL-5かSuper400のような、カッタウェイ部分が丸い奴です。
175のように尖ったのは好きではありません(言うのは勝手です)。
10~20代の若い兄ちゃんじゃないので、エピフォンでごまかすのも恥ずかしい。

今宵はGibsonのHPでも眺めながら、バーボンでも飲みましょうか。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0