So-net無料ブログ作成

カーナビ地図更新 [車]

こんばんは。

KIMG0919_R.JPG
カーナビの地図の無料更新期間が過ぎてしまったので、有料データを購入しました。
三菱電機のHPには、新しい地図の情報は無し。
古い情報の型番から推測して、ネット検索したところ、既に発売されているじゃないですか。
ダイヤトーンさん、やる気なさ過ぎですね(苦笑)。

ちなみにうちのナビはダイハツ専用型番の「NSZM-W65D」なので、「MZ90シリーズ用」が使用可能。
「DX-MZ90-SU18」が2018年製の地図です。

KIMG0920_R.JPG
SDカードに入ったデータは25,000円弱。

KIMG0922_R.JPG
うちのナビはオーディオのチューンも含めて、まるごとダイヤトーン製で、結構な金額がかかっていることもあり、そう簡単には交換できません。

KIMG0921_R.JPG
毎年、春に更新される模様。
あと2年くらいは更新できそうです。

nice!(2)  コメント(0) 

XMAX 少々カスタマイズ [バイク]

こんばんは。

発注していたパーツが入り始めたので、本日はXMAXのカスタマイズに着手しました。

KIMG0931_R.JPG
ハンドルミラーの付け根に、RAMマウントのアダプターを取り付け。
これでスマホやカメラの取り付けの選択肢が増えます。
ゴムカバーが浮いてしまうので、防水は別途考えねば…。

KIMG0896_R.JPG
ボディにはプロテクションパッドを貼りました。
このパーツは生産完了しているんですね。
売れなかったのかな?
楽天で探して購入しました。

余談、断念したパーツについて。

KIMG0898_R.JPG
ハンドルミラーをカウルミラーに変更するパーツが、Amazonや楽天で購入できます。
興味があったので、購入してみました。
こんな中華製パーツを使います。
左右がつながった大きなパーツも売ってますが、筆者は取りあえずこれで…うわっ重いぞ。
この4点だけで、軽く1kgは超えていると思う。

フロントの先にこんな重いパーツでミラーを支えるのはダメでしょう。
取りあえず、人柱のつもりで組んでみます。

取説はついておりませんので、手探りです。
さすが中華製。HPにも取扱説明書はついていないので、バイクの構造に熟知した方が取り付けて下さいと書いてはある。

KIMG0899_R.JPG
ウインドスクリーンの取り付けカバーを外します。
下のスクリューを回すだけで簡単に外れる。
うちのは既に片方浮いていた。このパーツは結構弱いですね。

KIMG0900_R.JPG
ウインドスクリーンを固定するパーツを外します。

KIMG0901_R.JPG
外すとこんな感じ。ボディへの穴開け等の加工は必要なし。

KIMG0904_R.JPG
ここにカウルミラーのステーになるパーツをかませます。
付けるパーツの左右の向きは、当ててみれば簡単にわかります。
正しくはまるようにしか、選択肢はありません。
なので、取説がなくても、あまり悩む必要は無し。

KIMG0905_R.JPG
ウインドスクリーンの固定パーツをかぶせて。

KIMG0906_R.JPG
付属のネジを止めます。
ネジは長短ありますが、間違ったものを選択するると固定できないので、これもそう問題はなし。
ただ、少々細いのと、ヘッドが小さいので、ワッシャーがあると良いですね。

KIMG0908_R.JPG
ウインドスクーンを取り付け。

KIMG0910_R.JPG
カバーを戻します。

KIMG0914_R.JPG
ミラーを取り付けます。

KIMG0917_R.JPG

KIMG0913_R.JPG
見た目は合格点のようですが、パーツをかますので、ウインドスクリーンが1cm以上浮きます。
走行テストはしませんでしたが、先端部は2cm近く開きますので、風をまともに吸い込んじゃいますね。
また、ウインドスクリーンの角度も変わるので、空力特性なんかは当然変わります。

ミラーはパーツに付属の安物なので、軽いっちゃ軽いけれど、如何せんカウルの鼻っ面にこの重量パーツがつくのは嫌なので、即撤去。

上位車種のTMAXのようなカウルミラーにすると、後方確認時に視線の移動が少なくなるし、少しは期待したんですが…。
ミラーが遠くなる分、視界の良い曲面鏡タイプにするとかの工夫も必要ですね。
 
同様のパーツの購入をお考えの方、検討の余地ありです。

nice!(2)  コメント(0) 

今宵は「Grand Tour」の「Clocks That Tick」です。 [音楽]

こんばんは。 今宵は「Grand Tour(グランド・ツアー)」の「Clocks That Tick」。 2019年のアルバムです。 Grand Tour - Clocks That Tick - 2019.jpeg 01. Clocks That Tick (But Never Talk) 02. Don't Cry Now 03. Back in the Zone 04. The Panic 05. Shadow Walking 06. Game Over 07. Slumber Sweetly 英国のネオ・プログレッシブバンド。 いかにもですねぇ。
nice!(2)  コメント(0) 

今宵は「Orion Dust」の「Legacy」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Orion Dust(オリオン・ダスト)」の「Legacy」。
2018年のアルバムです。

Orion Dust - Legacy - 2018.jpg

01. Norroway Song
02. The Stream
03. Unrising Sun
04. Mireio
05. The Awakening
06. Prelude
07. CXXVI
08. Snegourotchka



フランスのヘヴィ・プログレッシブバンド。
うちでは2回目の紹介ですね。

nice!(2)  コメント(0) 

今宵は「Fuchs」の「Station Songs」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Fuchs(フックス)」の「Station Songs」。
2018年のアルバムです。

Fuchs - Station Songs - 2018.jpg

01. The Invisible Man
02. Even If the Salary is Low
03. So Many Days / The Great Divide / Under Suburban Skies
04. Crowded Boats on Silent Sea
05. Why Me?
06. How Could I Just Ignore Him? / The Night and the Dark and the Pain
07. I'm On My Way Again
08. Sleepwalking Man
09. Will Come What May



ドイツのクロスオーヴァー・プログレッシブのアーティスト。
アルバムは2012年頃から出てますね。

nice!(2)  コメント(0) 

今宵は「Frequency Drift」の「Letters To Maro」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Frequency Drift(フリーケンシー・ドリフト)」の「Letters To Maro」。
2018年のアルバムです。

Frequency Drift - Letters To Maro - 2018.jpg

01. Dear Maro
02. Underground
03. Electricity
04. Deprivation
05. Neon
06. Izanami
07. Nine
08. Escalator
09. Sleep Paralysis
10. Who's Master?
11. Ghosts When It Rains



こちらは2度目の紹介ですね。
ドイツのクロスオーヴァー・プログレッシブのバンド。

nice!(2)  コメント(0) 

今宵は「Roger Daltrey」の「As Long As I Have You」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Roger Daltrey(ロジャー・ダルトリー)」の「As Long As I Have You」。
2018年のアルバムです。

Roger Daltrey – As Long As I Have You - 2018.jpg

01. As Long As I Have You
02. How Far
03. Where Is A Man To Go?
04. Get On Out Of The Rain
05. I’ve Got Your Love
06. Into My Arms
07. You Haven’t Done Nothing
08. Out Of Sight, Out Of Mind
09. Certified Rose
10. The Love You Save
11. Always Heading Home



言わずと知れたThe Whoのヴォーカリスト。
大御所健在です。

nice!(2)  コメント(0) 

今宵は「The Tangent」の「Proxy」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「The Tangent(ザ・タンジェント)」の「Proxy」。
2018年のアルバムです。

The Tangent - Proxy - 2018.jpg

01. Proxy
  - The Art Of The Deal
  - Proxy Part 1
  - On The Level
  - Brain Salad Burglary
  - Prime Time Catastrophe
  - Proxy Part 2
02. The Melting Andalusian Sky
03. A Case Of Misplaced Optimism
04. The Adulthood Lie
  - A Missed Opportunity In Ibiza
  - Running Alongside The Mainstream Or Directly Across It
  - How To Believe The Lie
  - Kit-e-Kat & Taxidermist On Standby
  - Repeated Line Indicating That "there's still time"
  - A Missed Opportunity In Ibiza (Reprise)

Bonus tracks
05. Supper's Off
  - My Child's A Stranger, I Bore Her But I Could Not Raise Her
  - Like He's Looking Back On The Good Old Bands
  - By The Time We Got To Woodstock
06. Excerpts from "Exo-Oceans"



英国を中心に活動する、エレクトリック・プログレッシブバンド。
うちでは3回目の紹介かな?

nice!(2)  コメント(0) 

今宵は「Eris Pluvia」の「Tales From Another Time」です。 [音楽]

こんばんは。

今宵は「Eris Pluvia(エリス・プルーヴァ)」の「Tales From Another Time」。
2019年のアルバムです。

Eris Pluvia - Tales From Another Time - 2019.jpg

01. When Love Dies
02. Lost in the Sands of Time
03. La Chanson de Jeanne (Pt's 1-3)
04. The Call of Cthulhu (Pt's 1-3)
05. Last Train to Atlanta
06. The Hum (Pt's 1-5)



イタリアのプログレッシブ・ロックバンド。
1985年結成なので、こちらもベテラン。
活動休止中だったようですが、新譜が出ました。

nice!(2)  コメント(0) 

YAMAHA XMAX 納車 [バイク]

こんばんは。

本日は注文していた「YAMAHA XMAX」の納車です。

KIMG0891_R.JPG
4年半、ありがとう。
こうしてみると魚顔ですね。

KIMG0892_R.JPG
で、こちらが新車。マットシルバーですが、思ったよりグレーです。
こちらは昆虫顔です。

KIMG0893_R.JPG
SCS白山本店の店長に、車両説明を受けました。

KIMG0894_R.JPG
オプションで付けた「ユニバーサルステー」に、RAMマウントでアクションカムを取り付けたところ。
ドライブレコーダー代わりです。

とりあえずガソリンを入れて15kmほど走ってきました。
エンジンは…非力です。
400からスケールダウンしたので、馬力はほぼ半分。
軽やかなエンジン音で、ちょっと吹かすと良い音がします。

筆者は175cmあるので、まぁ、大丈夫だろうと思ったシート高でしたが、完全につま先立ち(苦笑)。
それでも両足の先が触るので、慣れればなんとかなるでしょう。
やはり、シート高795mmって、ハードル高いですね。
スリムなバイクならば良いんですが、がに股で乗るビッグスクーターの幅広シートとボディは、予想以上に脚付き性が悪いです。
約800mmなんて、スポーツバイクなら当たり前の高さなので、カタログ数値を見てたかをくくっていると自滅しますよ。
170cm以下の方なら、迷わずローダウンキットお薦めします。

あまり前傾姿勢にならないXMAXは、格段に目線の位置が高く、運動特性が高いのがわかりました。
ワインディングのツーリングは楽しそうです。

色々とオプションパーツを取り寄せておりますので、徐々に改造していきます。

KIMG0895_R.JPG
盗難保険も入りましたが、取りあえず新車なので、ハンドルロックとチェーンロックをして、グリップロックもかけておきました。

nice!(2)  コメント(0)