So-net無料ブログ作成

XMAX 少々カスタマイズ [バイク]

こんばんは。

発注していたパーツが入り始めたので、本日はXMAXのカスタマイズに着手しました。

KIMG0931_R.JPG
ハンドルミラーの付け根に、RAMマウントのアダプターを取り付け。
これでスマホやカメラの取り付けの選択肢が増えます。
ゴムカバーが浮いてしまうので、防水は別途考えねば…。

KIMG0896_R.JPG
ボディにはプロテクションパッドを貼りました。
このパーツは生産完了しているんですね。
売れなかったのかな?
楽天で探して購入しました。

余談、断念したパーツについて。

KIMG0898_R.JPG
ハンドルミラーをカウルミラーに変更するパーツが、Amazonや楽天で購入できます。
興味があったので、購入してみました。
こんな中華製パーツを使います。
左右がつながった大きなパーツも売ってますが、筆者は取りあえずこれで…うわっ重いぞ。
この4点だけで、軽く1kgは超えていると思う。

フロントの先にこんな重いパーツでミラーを支えるのはダメでしょう。
取りあえず、人柱のつもりで組んでみます。

取説はついておりませんので、手探りです。
さすが中華製。HPにも取扱説明書はついていないので、バイクの構造に熟知した方が取り付けて下さいと書いてはある。

KIMG0899_R.JPG
ウインドスクリーンの取り付けカバーを外します。
下のスクリューを回すだけで簡単に外れる。
うちのは既に片方浮いていた。このパーツは結構弱いですね。

KIMG0900_R.JPG
ウインドスクリーンを固定するパーツを外します。

KIMG0901_R.JPG
外すとこんな感じ。ボディへの穴開け等の加工は必要なし。

KIMG0904_R.JPG
ここにカウルミラーのステーになるパーツをかませます。
付けるパーツの左右の向きは、当ててみれば簡単にわかります。
正しくはまるようにしか、選択肢はありません。
なので、取説がなくても、あまり悩む必要は無し。

KIMG0905_R.JPG
ウインドスクリーンの固定パーツをかぶせて。

KIMG0906_R.JPG
付属のネジを止めます。
ネジは長短ありますが、間違ったものを選択するると固定できないので、これもそう問題はなし。
ただ、少々細いのと、ヘッドが小さいので、ワッシャーがあると良いですね。

KIMG0908_R.JPG
ウインドスクーンを取り付け。

KIMG0910_R.JPG
カバーを戻します。

KIMG0914_R.JPG
ミラーを取り付けます。

KIMG0917_R.JPG

KIMG0913_R.JPG
見た目は合格点のようですが、パーツをかますので、ウインドスクリーンが1cm以上浮きます。
走行テストはしませんでしたが、先端部は2cm近く開きますので、風をまともに吸い込んじゃいますね。
また、ウインドスクリーンの角度も変わるので、空力特性なんかは当然変わります。

ミラーはパーツに付属の安物なので、軽いっちゃ軽いけれど、如何せんカウルの鼻っ面にこの重量パーツがつくのは嫌なので、即撤去。

上位車種のTMAXのようなカウルミラーにすると、後方確認時に視線の移動が少なくなるし、少しは期待したんですが…。
ミラーが遠くなる分、視界の良い曲面鏡タイプにするとかの工夫も必要ですね。
 
同様のパーツの購入をお考えの方、検討の余地ありです。

nice!(2)  コメント(0)